旅日記 | メモ | お話 | 読書・思想 | テニスノート | 思索・対話・日記 | 漫画 | 映画 | ネット麻雀 | お知らせ | グルメ | 天然話 (^ー^;) | リンク | 頭痛日記 | プロフィール | イベント | 日程 | お仕事 | 
Search Web or Takabowz

Google
Web Takabowz

Link
Access Counter
Recent Coments
Recent Trackbacks
Dictionary 辞書

goo 辞書


RSS Field
フリースタイル ?ある研究者の休息時間?
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
Calendar
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Profile

bowz

Author:bowz

QR code
QRコード
takabowz.blog66.fc2.com
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
「映画 」 の記事一覧
Recent Entries
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.06.20 Tue
映画 「嫌われ松子の一生」
 久しぶりに、いい映画を観た。 でも、僕の感想を読むことで、あなたの感想が変わって欲しくない。 だから、映画の内容についてはほとんど触れないでおく。 ここから下は読まずに映画を観て、感想をコメント欄に書いたあとにでも、僕の感想は読んで欲しい。
 どんなヒトも、どんな境遇のヒトも、この映画を観て欲しいと思う。

「嫌われ松子の一生」



――ここから、私の感想――
 自分の中でありとあらゆる感情が引き出され、魂が震えるのを感じる場面すらあった。 このような、自分の奥底の感性と感情を呼び起こすような映画を観たことが今までにあっただろうか。 作者は、現代人の感覚・感情というものがよく分かっていて、それを最大限に呼び覚ますように作ってあるようにすら思える。 いずれにせよ、大した感性の持ち主なのだろう。 私自身、この映画を観ることで、今の時代にやっと追いついたんだなという実感があった。 それは、感覚・感性・感情においてであり、また映画の作り方やアートの面においてもそう感じた。 懐かしく、そして新しい。 過去から現在までの時代を感じることができる。  死ぬまでに、あと2回は観たいと思う、そんな映画だ。

配役も演技もバッチリ。中谷美紀、こんなことするんか(驚!)
監督は、中島哲也。 「下妻物語」も観てみたい。

→「嫌われ松子の一生」オフィシャルサイト
スポンサーサイト

映画    Comment(2)   TrackBack(3)   Top↑

2006.06.07 Wed
「ダ・ヴィンチ・コード」 について 其の?
「ダ・ヴィンチ・コード」について 其の? です。 

「ダ・ヴィンチ・コード」其の? で頂いたコメントへのレスも兼ねています、全てではないですが。 まとレスごめん!な上、長いので記事にしました。 さて。。
 
 僕って、基本的に、流行には興味が無いんですよね。 ダ・ヴィンチ・コードにもほとんど興味がありませんでしたね。 本屋で手に取ったけど、全く興味湧かず。 誘われたので映画を観に行きました、ジャンルも内容も知らずにね。 

 公開前に、これだけ話題になったり、ブームになる時点で、なんかしらけちゃうんですよね。 後で調べてみると、ほとんどが 『レンヌ=ル=シャトーの謎 ー イエスの血脈と聖杯』 のパクリのようですね。 それで大ヒット面しているあたりは、あほかとも思いますが、面白さ、ヒット度、注目度という観点では、たとえパクリでも作戦勝ちなんでしょうかね。

 ちゃんと理解したいヒトには、本を読んでから映画のほうがいいんでしょうね。 フィクションなのに、冒頭に実在の組織名(オプス・ディ)を挙げ、「この小説における芸術作品、建築物、文書、秘密儀式に関する記述は、すべて事実に基づいている。」なんて言っちゃったから、内容の真偽について物議をかもしたらしいですね。 流行させる戦略だとしては、技ありなんでしょう。 

 ダ・ヴィンチの絵はいいとしても、キリストが人間で、子作りもしていたとかって話はリアル過ぎて、フィクションの域を超えちゃってるわけでしょ。 こういう気持ち悪さを受け入れることに意味があるかもね。 本も読もうかなw

関連した話題としては、日ユ同祖論のほうも興味深くて、調べてしまいますねえ。 どちらの話題も嘘だと言う意見も多いですね。 そのうち証拠(遺伝子レベルでの解明とか)が出てきて、真実はこうだったみたいなのが分かるんでしょうかね。 それも嘘だったりして。

(キリスト教≒男尊女卑 も興味深いですね。)

以下、関連資料。
オプス・ディ (wiki)
レンヌ=ル=シャトーの謎

六芒星(ろくぼうせい、ヘキサグラム)

数秘学 (六芒星は調和を表す。 陰陽のバランス、融合、慈愛、チームワーク、奉仕、献身、男性性と女性性の結合、神と人間の融合など)

古代日本とユダヤ人
日ユ同祖論の謎の淵源を探る
古代ユダヤは日本に封印された
日本人はユダヤの失われた12支族であることは明白
大避神社に岡山県人ユダヤ人説のルーツを訊ねて

「ダ・ヴィンチ・コード」元ネタ
レンヌ=ル=シャトーの謎―イエスの血脈と聖杯伝説 レンヌ=ル=シャトーの謎―イエスの血脈と聖杯伝説
マイケル ベイジェント、ヘンリー リンカーン 他 (1997/07)
柏書房
この商品の詳細を見る


因みに お勧めの フィクション サスペンス
ユージュアル・サスペクツ ユージュアル・サスペクツ
スティーブン・ボールドウィン (1999/03/05)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る

映画    Comment(5)   TrackBack(0)   Top↑

2006.06.06 Tue
「ダ・ヴィンチ・コード」 其の?
映画 「ダ・ヴィンチ・コード」

観ている最中・観た直後の感想としては、面白くなかったですね。 しかし、このレビューを書くために結構復習をして、時間割いたなあ。 かなり調べた。 こんなテーマ、結論出ないんだけどね。

ジャンルは、「キリスト教」、「サスペンス」。

「感動」がなかった。 「落ち」がいまひとつ。 (宗教もので、コメディではないので仕方がないかも。)

どこまでが事実で、どこからが作り話なのかが分からない。

個人的には、「誰がキリストを殺したか」(下にリンクあり)を本屋で立ち読みした時のほうが、驚きと感動がありましたね。 スッキリしたものがありましたし。      

欧米人やキリスト教に関わりの深い人であれば、この話をもっと興味深く感じるんでしょうかね。 観る人のそれまでの観念や予備知識、思い込みによって随分、感じることが違うでしょうね。

よく分かった点は、
「キリストを人間ではなく神格化することで、歴史上から現在に至るまで膨大な数の人間が殺されてきた。」

その前に、この一文を加える。
「教会を含め多くの人間は神(もしくはキリスト)の名のもとに、正義を振りかざし、富や権力を得てきたが、」
(つまりは、キリスト教という名の正義が人間の欲望を満たす道具に使われてきたということですね。 もちろん、神聖な部分もあるのですが)

そして、
「それでも、キリスト教の教えの中には真理や価値の高いものが多い。」

それが何であるかを聞かれるとはっきりとは答えられませんが、「愛」の教えであったり、「人間の内面」に対する洞察とそこから湧き出てくる「インスピレーション」でしょうかね。 他にもたくさんあるでしょう。 ただ、そういうものって普遍性があるからキリスト教に限らず、他の宗教にも含まれるのでは? ヒトによって、どの宗教が身近であるかは違いますけどね。 この映画でもそういう要素に少し触れています。 だた、それよりも「暴露」と「謎」と「物語」の部分で大衆受けするでしょうかね。

「キリストとマグダラのマリアの間にできた子供の子孫が生きていて・・・」という話は、僕にとっては少しは新鮮な部分でした。 ありえない話ではないし、面白い話だと思いますね。 しかし、生きていればこれがまた「権力」になるし、「キリストを神格化したい」人にとっては邪魔だったりするんでしょう。

それと、この話のメインストーリーを支えているのは、「シンボル」の解釈でしたね。 一般的には、「 卍(まんじ) と ナチスのハーケンクロイツ」とか、「ダヴィデの星 と 篭目紋(かごめもん) と 平安京」とか、「天皇家 16弁の菊花紋 エルサレム神殿」とか有名ですよね。 下にリンクを張っておきます。
しかし、この映画では、「ダヴィデの星 ⇔ 男性器と女性器」 ってそんなぁ。。 マジで? 強引では?


以下、関連する資料、映画、本。 (他にも面白そうなものはあります。)
ダ・ヴィンチ・コード、聖杯伝説 、マグダラのマリア 、シオン修道会 、オプス・デイ
レオナルド・ダ・ヴィンチ、最後の晩餐、モナ・リザ、ウィトゥルウィウス的人間
Leonardo da Vinci
キリスト教
七つの大罪
十字軍、テンプル騎士団
テンプル騎士団
ダビデの星
ユダヤ教
"日本・ユダヤ封印の古代史"
日本ユダヤ同祖論(掲示板)
日本に注目するユダヤ人たち・1
日本人こそは“失われたイスラエル10支族だ”
神道とユダヤ教は似てるって? (2ちゃん)
Israelites Came To Ancient Japan
大避神社に岡山県人ユダヤ人説のルーツを訊ねて

映画 「モーゼの十戒」
十戒 十戒
チャールトン・ヘストン (2004/02/20)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


映画 「セブン」 (キリスト教の7つの大罪をモチーフにした映画)
セブン セブン
ブラッド・ピット、デヴィッド・フィンチャー 他 (2001/12/21)
東宝
この商品の詳細を見る


本 「誰がキリストを殺したか」
誰がキリストを殺したか 誰がキリストを殺したか
神辺 四郎 (2005/01/20)
宝島社

この商品の詳細を見る


本 「聖書に隠された日本・ユダヤ封印の古代史―失われた10部族の謎」
聖書に隠された日本・ユダヤ封印の古代史―失われた10部族の謎 聖書に隠された日本・ユダヤ封印の古代史―失われた10部族の謎
ラビ・マーヴィン トケイヤー (1999/01)
徳間書店
この商品の詳細を見る


本 「バカの壁」 (イスラム教とキリスト教の争いについての解釈あり)
バカの壁 バカの壁
養老 孟司 (2003/04/10)
新潮社
この商品の詳細を見る

映画    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。