旅日記 | メモ | お話 | 読書・思想 | テニスノート | 思索・対話・日記 | 漫画 | 映画 | ネット麻雀 | お知らせ | グルメ | 天然話 (^ー^;) | リンク | 頭痛日記 | プロフィール | イベント | 日程 | お仕事 | 
Search Web or Takabowz

Google
Web Takabowz

Link
Access Counter
Recent Coments
Recent Trackbacks
Dictionary 辞書

goo 辞書


RSS Field
フリースタイル ?ある研究者の休息時間?
≪2006.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2006.06≫
Calendar
04 ≪│2006/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Profile

bowz

Author:bowz

QR code
QRコード
takabowz.blog66.fc2.com
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
「 2006年05月 」 の記事一覧
Recent Entries
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.05.30 Tue
テニスノート 529 CHDN 初
 先日、初めてCHDNのテニス部の練習にお邪魔しました。「あんた、いったい、一週間に何回、テニスしとるんだ!?」と読者から、つっこまれてそうな気がしてきている。ふむ、これで5日連続です。。今回は、私のよき理解者であるO村さんの紹介です。練習開始の3時間前に、軽く肉うどん(温泉卵入り)を食べ、炭水化物とタンパク質を摂取しておきました。定刻に浄水場テニスコートに着くと、O村さんだけでなく私のテニス仲間であるK原さんがいるではないですか。彼は2度目の参加らしい。

 さて、ここのテニス部を仕切っているのは、「NN村さん」。身長が185cmはあろうかという色白の大男。眼鏡の向こう側で細い眼が光る(ー_ー☆)キランッ!(一応、眼は笑っています。)私より5歳くらい年下かと思いきや、なななんと逆に5つも年上であった。(私が自分の年齢を錯覚しているだけかもしれない。。)一見厳しく映る彼の指導に、チャチャをいれて和ませるのが「ダンディーF田」こと「F田さん」。素敵な白髪のおじさまである。このヒトもかなりのテニス経験者のようだ。このテニス部を引っ張る2人の共通点は、他県からの転勤族ということだそうだ。

 それにしても、有料のレッスン意外でヒトからこれほどまで技術的な指摘を受けたのは初めてであり、私にとってはどうにもありがたい話である。自分の悪い癖に気づかさされ、忘れかけていた基本を思い出させてもらった。

 参加人数が10人(男8、女2)に対し、コートが一面であったので、それに応じた練習メニューとなった。(以下、今後の練習の参考までに。)
?ミニストローク、ボレーボレー、ラリー(ストレート)
?4人でボレーボレー(一人がクロスに球出しし、一級目は必ずクロスに返す。その後は、4人で自由にボレーボレー。ファーストボレーヤーの立ち位置はサービスライン付近。相方の立ち位置は、それより前である。常にNN村氏の指導が飛ぶ!)
?4人でボレーストローク(ストローカーの一人がクロスへ球出し。ファーストボレーはサービスライン付近からクロスへ。あとは自由に。相方のボレーヤーの立ち位置はサービスラインよりも前。今回は、ストローカーを上手い2人に固定。)
?ボレーストローク(クロス)
?サーブ&レシーブ(10人いたのでレシーブまで。2球ずつ打つので、かなり順番は回ってくる。)
?0?30からゲーム形式(理由は分からないが、恐らく、サービス側は窮地から諦めずに着実にポイントを取る練習。レシーブ側は、ブレイクチャンスをものにする練習なのだと思う。)

【指導を受けた点】
・ボレーの基本・・・左右の足を常に動かしておく。棒立ちにならない。ボレーは、(一歩踏み出し)身体の前で受ける。正面のボールは、基本的にバックで受ける。
・フォアローボレー・・・ラケットヘッドを下げてラケットを寝かすのではなく、重心とグリップエンドを下げてラケットは立てたままにする。
・バックボレー・・・ボールを切る癖がある。さらにサイドスピンを掛けるときもある。これはもったいないとのこと。真っ直ぐ押し出したほうが良いとのこと。おそらく、動作が複雑で長いより、単純動作で早いほうがボレーの場合は特に良いという理由だと思う。さらに速い球を打ったほうが相手が取りづらいこともあるのだろう。ノーマルボレー、スライス、サイドスピンを使い分けれるように、練習してみようと思う。

・「いいサーブを打つね。」とNN村氏に褒められた。「(左利きのスライスだから)相手のバックにばかり打てばいい。」とアドバイスされた。「まだ狙ったところに行かないんです。」と僕。「練習の時から、コースを狙って打たなきゃ。」とNN村氏。そのとおりだ。

【自分で気づいた課題】
・ミニストロークとストロークの練習の間に、ボレーボレーを入れること。
・ストローク練習で、コースを打ち分ける。低いドライブと高いドライブを打ち分ける。因みにNN村氏はフォアとバック両方で、滑らかなフォームから美しく弧を描くドライブを高低に打ち分けていた。
・指導を参考に、ボレーの練習をする。基本を忘れず、横着せずに。

 記憶に残るマイプレイ
?バックサイドの浅く高い浮き球。さてどうするか?余裕があったので、回りこんでフォアで打つことにする。そこからの景色は、正面に相手の前衛、斜め前に後衛。前衛の頭の上を越えるドライブを打ち、後衛にも触れさせなかった。(これはひとつの勝ちパターン。バックがもっと打てれば、さらにいい。)
?気合十分のスライスサーブをレシーバーのバックサイドへ打ち、ダッシュ。すると打ちごろの高めの浮き球が。しかし、ハイボレーはオーバーしてしまった。(対策: 日頃サーブ&ボレーの練習をしっかりして、落ち着いて決めれるようにする。)
?スライスサーブをレシーバーのバックサイドに打ち、ダッシュ。しかし、ロブを上げられ戻ることに。追いつき、ロブを上げたが浅く、スマッシュを決められた。(対策: ロブを打たせないようなサーブを打つ。ロブも十分計算に入れて準備しておく。相手の心理と行動を読んでプレイする。などなど。)

NN村氏を始めとして、よそ者を気さくに受け入れてくれた皆さんのおかげもあり、有意義な時間が過ごせました。今後とも機会があれば、参加してみたい。
スポンサーサイト

テニスノート    Comment(7)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.30 Tue
【しおりんこ快気祝い麻雀大会】の結果
 去る5月26日に、GW中の手術を乗り越え見事に復帰した【しおりんこ】さんの快気祝いを麻雀大会という形で行いました。場所は、Yahoo麻雀上級東風1。参加してくださった皆さん、ありがとうございました。また、急な企画であったため、来ていただいたのに打てなかった皆さん(TKさん、黒猫さん、おぐもぐさん、nさん、他にもいたと思います)すみませんでした。

 大会試合形式は、しおりんの発案により、2チーム対抗の団体戦で行いました。先着12名を6人ずつの2チームに分け、2人対2人で3卓(A,B,C)、東風戦で、1位(4点)、2位(2点)、3位(1点)、4位(0点)を2回戦行い、トータルポイントを競いました。


■ しおりんこさん(siorinko2003)率いる しおチーム(以下「S」と表示)
 メンバー:kenfire777、xcdxb913、sasya2005、accralite、nmmyq420、ad1100468(順不同)

■ えぐ(eguchit2000)率いる えぐチーム(以下「E」と表示)
 メンバー:chenemk、kuboowy1110、mayatan7772000、sasuke_0610、salam1(順不同)


★ 1回戦
A ?eguchit2000(E) ?chenemk(E) ?kenfire777(S) ?siorinko2003(S)
B ?xcdxb913(S) ?ad1100468(S) ?kuboowy1110(E) ?mayatan7772000(E)
C ?sasuke_0610(E) ?sasya2005(S) ?salam1(E) ?accralite(S)

 1回戦合計  しおチーム9点 えぐチーム12点


★ 2回戦
A ?ad1100468(S) ?sasuke_0610(E) ?siorinko2003(S) ?eguchit2000(E)
B ?salam1(E) ?kenfire777(S) ?nmmyq420(S) ?mayatan7772000(E)
C ?chenemk(E) ?xcdxb913(S) ?kuboowy1110(E) ?accralite(S)

 2回戦合計 しおチーム10点 えぐチーム11点


----------------------------------------
合計 しおチーム19点 えぐチーム23点
 僅差ながら、えぐチーム優勝!!!
 パチパチパチパチパチパチパチ
----------------------------------------

【個人賞】
☆MVP: siorinko2003(S)(快気おめでとおおおおおおおおお)
★準MVP: sasuke_0610(E)、chenemk(E)、xcdxb913(S)、ad1100468(S)(全員1位+2位で6点獲得)

----------------------------------------------------------------
 団体戦特有の盛り上がりで、皆さん楽しめたことと思います。連休中にオペを済ませ、連休明けには仕事バリバリのしおりんこさんも凄いですが、1位&2位で準MVPの4人も凄いですね。あどごにーさん、人集め、しきり、集計、報告などなどいろいろとやっていただき、ありがとうございました。それでは、みなさん、ごきげんよう、さようなら(^ー^)

ネット麻雀    Comment(3)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.29 Mon
研究者のジレンマ
 ブログを始めて2週間、思うことがある。 ブログの記事を眺めてみる。 テニスの記事10個、読書感想/書評6個、あとは1?2個である。 仕事以外の記事が多いこと自体は、仕事人間にならずに、遊びで人間(男?)を磨いているという意味でいいことだと思う。 なによりも遊びや趣味は、利害関係がなく、気楽なので、共通の話題になり易いのだ。

 私の悩みは、仕事に関する記事がないことにある。 実は、そういった記事も書いてはいる。しかし、幅広い読者が理解できる内容にするのが難しいため、いまだ掲載に至っていない。

 私が行っている仕事は、研究の仕事。遺伝子からタンパク質がつくられるスイッチの仕組みを研究している。骨ができる仕組みを解き明かそうとしたり、乳癌の仕組みを解き明かそうとしている。

 日々の実験で、失敗の経験に基づく学習や成功の喜びがあるが、おそらく同業者にしか分からないも部分が大きいと思う。 いや、同業者でも分かるかどうか。。

「仕事とは、目の前にある穴を、とにかく埋めていくことだ。」と養老孟司は言う。 この言葉は、面白いからという理由で選んだ仕事が、いつも面白いとは限らないことに気づいた私には、重要な言葉であった。

 頭に思い描く科学者像と言えば、外見は髪型はボサボサ(アインシュタインやバックトゥザフューチャーのドク)である。 そして、『おお、俺はとんでもない発見をした!』 と実験室を飛び跳ねる変人である。 しかし、今も昔もそんな科学者ばかりなわけは無かろう。 いろいろなタイプがいると思う。 ただし、科学なり、学問なり、自分が求めるものに対する探究心や真摯な姿勢が強くなければ、一流の科学者ではないと言えよう。

 『天才は1パーセントのひらめきと99パーセントの努力である。』 とは、発明王トーマスエジソンの名言である。 原文は以下のものである。

 Genius is one percent inspiration and ninety-nine percent perspiration.

 Inspiration と Perspiration は Spiration の部分が共通であり、韻を踏んでいる。 俗な解釈をすればオヤジギャグである。 この「韻」もしくはオヤジギャグを損なうことなく、訳したものは以下のものである。

 『天才は1パーセントの霊感と99パーセントの発汗である。』

 こちらのほうが、私にとってはピンと来る。 「感」と「汗」の音が「カン」で、韻を踏んでいるし、「霊感」と「発汗」という単語も好きだ。 Inspirationを「直感」とせずに「霊感」としたのは、「ただの閃き」ではなく、「集中力や努力の延長として導き出されてくるもの」を表現したかった、と個人的な解釈をしている。 汗をかくことが、努力を表現している点も好きだ。

エジソンが、「天才は・・・」と言ったか、「発明は・・・」と言ったかは定かではないが、今の私にとって重要なのは、

『ひたすら努力をする』、そうすれば 『なにか閃くかもしれない』

『少々の閃き』も、『努力』 が無ければ、形にならない。

ということである。


(参考資料)
「超バカの壁」養老孟司
日本人が知らない ちょっといい英語 ? by 佐々木 隆
エジソンは天才とは1%の才能と99%の努力と言ったが (「2ちゃんねる」での議論)

思索・対話・日記    Comment(5)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.28 Sun
テニスノート 528 SJK (vs K坂氏)
5/28
 この日は、SJKにて【サイボーグティーチャーK坂氏】と2人で練習である。なんとK坂氏も6/3のシングルストーナメントにエントリーしたらしいっ! しかも彼はこのトナの常連なのだ。

 さらに今日彼は、ニューラケット(バボラの一つ前のモデル。フレームが薄く、黄色のラインが入ったデザインのもの)を2本購入しての登場である! 思い切り振りたい彼は、振っても飛びすぎずに、スピンの良くかかるラケットを選んだらしい。

 僕は、手持ちのボールからクオリティの良いものを選び、マジックで印をつけ、新しく買った籠にいれた。30球くらいであろうか。

 ショートテニス、ラリーの練習。K坂さんは、振りが鋭いので、スピードがあり、なおかつドライブのかかった玉を打ってくる。今日の僕は、確実性と体力のことを考えて、ほとんどを合わせて返すようにした。

 【さて試合である。】お互いにサービスゲームをキープし、1?1。そのあとお互いにブレイクが続き、3?3という展開。終盤、サービスゲームでキープした私が【6?4で振り切り、勝利!!】 前回負けただけに、うれしい一勝である。

 内容は、粘り勝ちである。K坂氏は壁うちでよく練習しているので、非常にストロークが安定している。フルショットをコースに打てるのだ。今日の僕はそういう状態ではなかった。

 僕の戦略としては、とりあえず返すこと。フォアもフルショットせずにコースを狙う。バックも9割方スライス。コースを狙おうとしても、アウトが怖かったせいか、ほとんどセンターに寄っていった。ただ、スライスやロブがリズムや回転を変えるという意味で有効だった。時に、サイドスピンの加わったスライスを混ぜるとこれも有効だった。これらがわりと相手のミスを誘った。

 そしてネットプレーになると、こちらが有利だった。ボレーやドロップショットなど、ネット際のプレーが好きだからだろうか。シングルスでも、ネットプレーをひとつの武器と考えていいような気がしてきた。いつ出るかの見極め、思い切り、駆け引きが大事なように思う。そして確実に沈めることだ。

 サーブについても、スピードやスピン量を減らして確実に入れていったのだが、甘ければ打ち込まれた。欲を言えば、もっと切れがあり確実なサーブを、ということだ。

 ストロークをもっと練習して、K坂氏のように安定したストロークを打てるようになりたいものだ。

 【第2試合。】これは自分の気持ちとの戦いとなった。第1試合を取ったあとで、顔がにやけるのである。。。さらに不本意ながら時間切れを望むような心理も出てくる。。そんな心理状況で、集中力が落ち、ダブルフォルトを連発。。。気持ちが守りに入ってしまい、置きに行ったボールがネットを越えない。。。明らかに一試合目とメンタルが違う。。

 そうこうするうちに、5?2とリードされたところで、「おうっ!次最後のゲームにしようか!」とK坂氏。コートの予約時間があと5分しかないのだ。「は、はい!今、5?2だから、次、K坂さん取ったら、K坂さんの勝ちですね!」と僕。内心、よし、僕が取れば、負けを免れる、と気合を入れなおす。そして、デュースの末、ゲーム獲得!【5?3でタイムアップ】である。

 心理面の問題が浮き彫りになった。【格上、互角と思っている相手に対して、有利になると変に安心したり、油断したり、守りに入ったりしてしまうことがあるようだ。】

 次回のトーナメント、最低4試合はありそうである。万が一、勝ち進めば、さらに数試合あるだろう。一試合、一試合、別物として、真剣勝負、集中して臨むことが大事なようだ。

テニスノート    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.28 Sun
テニスノート 527 SFM
5/27
 雨で中止なら仕事をしようと思ったが、止んだので数時間練習することになった。ただし、オムニコートは濡れ、ボールが吸水して跳ねが弱い条件での練習となった。ボールが弾まない条件では、短く低い打点が多くなるので、少し前へ出て準備しておき、ラケットヘッドを下げて下から振るのがポイントだと思う。
 
 メンバーは、私、M村さん、K末さん(奥さん)。さらに、レッスン終了後の、K原さん、みーちゃん、OKAちゃん、K富さんが合流である。
 
 ショートテニスで軽くアップ後、4人でストローク練習。これは狙った方向へ飛ばす練習でもあるが、人を狙うより、コートを基準に狙ったほうが良いようだ。

 最初の試合、K原さんとシングルスの試合をした。ダブルフォルトが少なく、ミスショットの少ないほうが有利になる展開を制し、【4?1で勝利】した。

 このあと休憩を挟み、M村さんとシングルスゲームである。この試合は、甘い玉はお互いに決める展開で、一進一退の末、タイムオーバー。M村さんが帰らないといけなくなり、【2?2で終了】した。

 休憩を挟み、K末さん(奥さん)と長時間(40分くらいであったろうか?)クロスコートでラリーをした。彼女は、さすがに旦那さんや息子さんのボールを受けてきただけあり、どのような玉でもほとんど返球してきたので、良い練習になった。

 この日は、体調が今ひとつであり、まあ自由度の高い場でもあったので休み休み、女ダブ試合やM村父娘の練習風景を眺めたりもしていた。そして疲れと体調不良のため、夜のKYNテニスは自主的に休みました。疲れていたり体調不良の時には、それを察知して無理をせず時には休む勇気と決断が大事なんです。

テニスノート    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.27 Sat
"超"三国志 「覇-LORD-」
*武論尊 作、池上僚一 イラスト
(*北斗の拳の作者)

 三国志と言えば、僕が中学生のころ大流行。僕を含め男友達はみな三国志のゲームに夢中だったし、小説も読みふけっていた。(個人的には横山光輝の漫画はあまり好きではなかった^^;) 当時の私は、英雄、劉備玄徳や曹躁孟徳、諸葛亮孔明らと自分を重ねようとしていたように思う。今、この「"超"三国志 覇 -LORD-」を読んでみて、当時ほどではないにしても、まだそれに近い感覚がある。しかし、当時よりも、超個性的に描かれたそれぞれの登場人物を客観的に楽しむことができるし、また違う観点からも見ているように思う。

 それにしても、この「覇 -LORD-」は、歴史物語をベースにしてはいるが、歴史をなるべく忠実に再現しようという気は全くないww。考えてみれば、そもそもそんなことは不可能である。歴史とは、多くの場合、誰かの都合のいいように解釈されたり、書き換えられたりしているもの。また、裏話・作り話がいくらでも出てきて、真実など分からなくなる。少なくともこの作品では、現代人に対して「英雄像、人物像」「国、民、政治、官僚、宗教」「中国(漢)的な考え方と日本(倭)的な考え方」を表現しようとしているように思えるのは、深読みしすぎだろうか。そうでなかったとしても結果として、そうなるような気もする。果たして、この作品は、日本人に忘れ去られつつある「武士道」を考えるもしくは印象づける材料になるのだろうか。(ちと大袈裟か?w)

 そして、北斗の拳で「ケンシロウ、ラオウ、トキ」をはじめとする多くの登場人物に「生命」を吹き込んだその手腕で、やはり三国志の登場人物にも、さらに魅力的な特徴づけがなされている。既にウェブ上でかなりネタバレしているかとも思うが、冒頭で「卑弥呼」が登場する上、劉備が○○人であるという設定である。考えてみれば、確かに、劉備玄徳は○○人が好む英雄像であるように思う。だからこそ「三国志」が○○人に好まれる話なのだと思う。この意外で劇的な展開に読者は、一気に引き込まれ、時には親近感をもって読み進めることだろう。そして、この他にもこれまでの説を根底から覆す新説(脚色?作り話?)満載であるw。

 最後に一言。 この漫画は単純に「面白い」、かつ「読みやすい」作品です。

ビッグコミックスペリオールで連載中。コミックは、現在5巻まで発売中。
(以前掲載していた記事はネタばらしになっていたので、非公開としました。)

覇-LORD 4 (4) 覇-LORD 4 (4)
武論尊 (2005/12/26)
小学館
この商品の詳細を見る


覇-LORD 5 (5) 覇-LORD 5 (5)
武論尊 (2006/04/27)
小学館
この商品の詳細を見る

漫画    Comment(3)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.27 Sat
テニスレッスン 【高い打点でのストローク】 526
○ ネットで得た情報によると、筋肉をつけ、疲労を抑えるためには、運動の2?3時間前に炭水化物とタンパク質をとるのがよいとのこと。そこで、今日はそれを実践。肉うどんを食べてみました。
○ ストレッチとマッサージがまだまだ足りないな。歩行中、車の運転中など暇さえあれば、したほうがいいな。頭をマッサージしたら気持ちいい?。

本日のテーマ 【高い打点でのストローク】

【ポイント】 
? 低い打点ではラケットヘッドを下げて打つが、高い打点では、ラケットヘッドを下げずに、ラケットを立てて打つ。
? 打つ体勢を作りながら(スタンスを作り、身体を捻り、ラケットを引きながら)ボールに近づくのが良い。近づいてから急にラケットを引くとミスしやすい。

【気づいたこと】 
? 打ち込むのではなく、最初はボールを運ぶ感じで打つのがよい。高い打点は打ち慣れていないために、身体が動きを覚えておらず、速く振ると不安定になりミスしやすい。
? バックは、ハイボレーとほとんど同じ打ち方で打てた。

<練習内容>
?(球出しから)ストローク
?(球出しから)バックパス(先週の復習)
?(球出しから)ローボレー
?(球出しから)高い打点でのストローク
?(球出しから)ストローク→前へ出て高い打点→ローボレー
?ラリー→チャンスがあれば高い打点で打ち→前へ出て→ボレー。

【コーチからのアドバイス】
・フォームは綺麗なので、そのまま振り切ったほうがいい。(りきんで強打するのではなく、合わせ過ぎてスウィングを途中で止めるのでもなく、フォロースルーをしっかりとって、フィニッシュまで振りきれということだと理解した。)
・時々、力が入るとミスする。力を抜け。(確かに、リキむと、オーバーとかネットする。常に力を抜いて、必要なときに必要な箇所にだけ適度に筋力を使うようにしたい。)
・膝を曲げること。特に深い玉はほとんどライジングで打つので膝を曲げて打つようにする。(なるほど、ライジングの打ち方の重要ポイントだな。確かに、僕の悪い癖で、疲れていると特に膝が曲がっていない。楽をしようとせず、習慣化しなきゃ。)

○ コーチの指摘どおりにすれば、フォアのストロークにもまだまだ磨きがかけれる。 バックのストロークは、フォアのフォームを参考にして練習してみようと思う。

テニスノート    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.25 Thu
ITC テニス 525
ハードコート2面。開始時間より早めに行って練習。今日のメンバーは男7人、女3人。ほとんどが現役テニス部の学生。今の僕にとってはハイレベル。本日のコンセプトは「趣味でやってんだし、無理をせず、疲れを残さないよ?に。明日の仕事と週末のテニスのことを考えて!」ってことでやってみました。

【練習メニュー】ミニラリーとラリー
 ハードコート、ニューボール、ナイター、玉の早い相手というのは、最もハードな条件だと思う。少しでも準備が遅れるとやられてしまう。そこで、準備を早めにし、身体の使い方、スウィングをコンパクトにしてみました。
 ハードコートになると、バックハンドが差し込まれやすく、とりあえずスライスで返す場面が多かった。スライスとドライブを上手く使い分けたい。

【練習試合】チーム固定式(パートナーはNCL君)
? 3?4 負け (男ダブ対決)
? 4?1 勝ち (VS混合ダブルス)
? 4?1 勝ち (VS混合ダブルス)
? 0?4 負け (?と同じ相手)
 1試合目で、2?0、3?1と優勢な状況から逆転負けを喫した。3?2の時に、自分のサービスゲームで7回程Duceを繰り返し、3度のマッチポイントをものに出来ずに、結局落としたのが痛恨。もっと精神的にタフになりたい。
 2、3試合目は、混合ダブルスが相手。取りこぼし無し。
 4試合目で、最初のチームにリベンジを試みたが、むしろ相手が絶好調。こちらは疲労気味。ほとんどポイントを取れずに、返り討ちにあった。やはり、あのチーム(ISY君とOTさん)は強かった。経験年数が圧倒的に違うのも事実。少しずつレベルアップだな。
●ISY君のスピンスライスは中速だが、よく回転がかかっていて、ミスも少ない。OTさんのフラットサーブは、高速で破壊力抜群。どちらも真似してみよう。
●高速サーブ+ハードコート+ナイターへの対応がまだまだ。とりあえずは、「慣れ」が大事かな。とりあえず、あわせるとか、ブロックリターンとか?動きや振りをコンパクトに?【?ドライブで確実に返球。?ボレーと同じグリップで確実に返球】でやってみる。
●アプローチを打って、前へ出るのか、後ろで打つのかハッキリしない場面が何度かあった。戦略を決めておき、はっきりとしよう。
●完全に前へ出てボレーしたときは、センターを抜いたり、ドロップ気味に打ったりと、良いショットが結構あった。しかし、ファーストボレーがローボレーになったり、ショートバウンドの時は、まだ不安定。しっかり安定していきたい。
●サーブは先週よりも安定。ここでは、かなりの確率でリターンされる。ひとつには、サーブ&ダッシュを安定させること。もう一つはサーブのキレを良くすること。
●パッシング(フォア、ストレート)で2回ワンボールのサイドアウト。一発で決めに行かずに確実に入れれば、陣形を崩せるか。
●逆に、一度ポーチを狙っていて、綺麗にストレートに抜かれた。このレベルでは、要注意だ。

【クールダウン】ラリー(疲れて思うように打てなかった。コントロールだけは良くしよう。)

終わってみれば、かなり必死になってるなあ?。身体に無理がかからないようにだけ注意しよう。

テニスノート    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.25 Thu
天然話ランキング (^ー^;)
よく【天然】と評される私。。そこで、いったいどこが【天然】なのだろうと【天然なり】に自分の【天然さ】を観察してみました。ここに、最近の【天然な】出来事ベスト3を勝手に発表させていただきますw



【第3位!】

車内で、日頃扱いなれないマッチでタバコに火をつけようとしたら、が上がると同時にマッチが折れ、車のシートに落ちた。危うく車ごと炎上するところだった。


(コメント)まあ、そんなこともあるかもしれませんね。シートや車が萌え、いや燃えていたら笑えない?




【第2位!!】

テニスのサーブのイメトレをしていたら、壁に思いっきりこぶしをぶつけた!イテテッ><


(コメント)くれぐれも、ヒトを殴らないように。。




【第1位!!!】

雨の日、駅の改札口を通るときに、ポケットから切符を出すハズのところを、間違えて、傘を開いてしまった。。。


(コメント)ちょっと理解不能か?? よほど考えごとをしてたということでしょう。





 どうなんでしょうね?。私なりには、こういうことが【天然】と言われる所以だと思うのですが。。違うのか? 

ところで。。世の中には、ほかにも【天然なやつ】がいるはず。。絶対俺だけじゃないハズダーーーー(・・)w  ということで、もし、あなたの周りで【天然なやつ】を見つけたら、ご一報下さい(^ー^) もちろん、あなたの【天然話】を聞かせてくれてもOKです。

天然話 (^ー^;)    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.24 Wed
「他人を見下す若者たち」
センセーショナルなタイトルです。「自分のことかな?」とか「あいつのことかな?」と思わされました。心理学者である速水敏彦による、最近の若者の心理に対するデータ収集とそれに対する解釈(意味づけ)がこの本の内容です。

 未来の希望と可能性に満ちたヒト、志を持ったヒト、自尊心のあるヒトというのは、古今老若男女を問わず、尊敬に値するヒトだと思います。また逆に、そういった感覚をあまり持ち合わせないヒトも多いと思います。

 問題は、他人のことをどうとらえるかです。実際に能力があり、仕事や学業で結果を残しているヒトでも、他人のことに敬意を払うことは重要なことです。筆者の主張は、最近、大した志もなく、努力もせず、仕事や学業で結果も出せていないヒトが、他人を見下すことによって「仮想的有能感」を得て、自己満足しているケースが多いということです。つまりは、「ごまかし」ですね。これは、人間の自己防御機構なのかもしれません。「ヒトの不幸は蜜の味」という感覚も似たようなものだと思います。「生き方上手」などで有名な日野原重明氏も「医者は不幸な患者を診ることで自分が安心するところがある。」といったことを述べています。

 この本で抜け落ちているファクターがあるとすれば、ヒトの心理は絶えず変化するという点と、ヒトの感情はたくさんの感情の入り混じったものである点だと思います。上を向いて、高いところを目指してがんばる向上心というのはいいものですが、失敗もあれば、落ち込むこともあります。向上心がゆえの挫折もあるでしょう。そんな時は、上手くいっていないヒトを見たり、周囲と自分を客観的に見ることができたら、気持ちが楽になるかもしれません。これは「見下す」という感覚とは違います。

 筆者がいいたいこと、そして私自身も思うのは、志も持たず、努力もせず、客観的な評価から目を背けて、自分だけの世界やごく小さなコミュニティーの中だけで、【慢性的に】他人や弱者を見下すことによって「仮想的な」優越感を得て生きていくのは病的状態ではなかろうか?ということです。また、ヒトから責められて反論もせず、自分自身をも蔑み、他人も見下しというのも不健全な状態ではなかろうか?

 人間にとって自己満足は大事ですし、自尊心ももつべきだと思います。そして他人と自分を比較することは誰もがすることです。しかし問題提起されているのは、昔は「友達と接することで、なんらかの評価を受け、自分の特徴を知り、自我が形成されていくことが多かった」のに対し、最近は「友達と接する時間が少なく、そのため他人から評価をうけることが減り、仮想的有能感をもつ若者が増えた」ということです。

 少し観点が変わりますが、「嫉妬」という感情が2種類に分けられると述べられています。「嫉妬」とは「相手のほうが優位にいたり、満たされている状態にいるのを体験した時に感じる不快な感情」と定義されています。また「嫉妬」は「向上心」の裏返しであるとも言われています。「ジェラシー(Jealousy)型の嫉妬」とは、その不快感をばねにその相手に勝ちたい、見返してやろう、超えたいとか、その悔しさをバネに自分を高めようとするというようなポジティブなものです。これに対して「エンビー(envy)型の嫉妬」とは、その不快感のために相手に激しい攻撃性を持ったり、相手を貶めたいと思ったり、相手が何らかの不幸な状態になると嬉しくなるといった感情だそうです。通常、両方の感情が入り混じっていることが多いと思いますが、最近、エンビー型の嫉妬の感情の割合が大きくなる傾向にあるようです。

 今と昔、若者と年配者という分け方だけでは物事は語りきれません。「他人を見下し、仮想的有能感を得る」傾向は、全ての若者にあてはまることではありませんが、最近の一つの傾向であり、特徴であるようにも思えます。

読書・思想    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.23 Tue
ブログでのコメントの入れ方
「コメントの入れ方が分からない!」という声がたくさん寄せられました。確かにちょっと分かりづらかったですかね。テンプレートも変更しましたし、以下に「コメントの入れ方」も解説しておきます。

1.記事を見て、感動した!もしくは反論したい!とか、言いたいことがあるんだけど。。とか、まあ何かを感じますよね。

2.気になる記事の右下の COMMENT( ) をクリック!

3.すると記事の下に この記事に対するコメントが表示され、さらにその下にこの記事に対するコメントの投稿が表示されます。

4.まず NAME にお名前を入れてください。何でもかまいません。

5.MAIL欄は、入力の必要はありません。入れてもらってもOKです。

6.URL欄も、入力の必要なしです。ブログ、ホームページ、Yahoo IDのプロフィールなどお持ちの方は入れてもらえると嬉しいです。

7.SUBJECT に 「お題」とか「タイトル」とかを入力してください。

8.COMMENT欄に、ご自由に書いてください。特に制限はありません。

9.PASS欄には、任意でパスワードをご入力ください。このパスワードは、後でコメントを編集する時に必要です。もしPASSを入力しなかった場合には、他人に内容を編集される可能性があります。

10.秘密のところにチェックを入れると、管理者(私)にしか見れないようになるようです。

11.記入漏れ、間違いがないか確認したら、GO!ボタンクリックして終了です。

12.もとにもどってCOMMENT( ) をクリックするとあなたのコメントが確認できます。

13.自分のコメントを表示し、その右下の[編集]をクリックすると、コメントの内容を編集することができます。
 
お待ちしております^^

お知らせ    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.22 Mon
【ラーメンランキング】in岡山
自称グルメな私がお気に入りのラーメン屋さんを紹介します。

第1位 龍や      あさうまとこくうま、どちらもウマい。肉もウマい!
第2位 金八ラーメン  私のお気に入りは豚菜ラーメン!
第3位 丈?DAKE? 新規のくせに、かなりウマい!ヤバい!
第4位 商人      シンプルなしなそば、角煮とろろそば。その日の気分で。
第5位 伊達      いつも行列。やっぱりラーメンとカツ丼のセットだな!
第6位 富吉      あっさりしていて、食べやすい。
第7位 山富士     これもあっさり。夜遅いときとか、少し食べたい時に。

順位は、いまの気分で決めましたーww。
漏れがあるかも。。

よいこのみなさんへ
ラーメンは一週間に2回くらいまでにしましょう。食べ過ぎは身体に悪いっす。

ご意見、ご感想、異論、他のお勧めのラーメン屋などは、コメントへどうぞ?。

グルメ    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.22 Mon
ホラー漫画「彼岸島」
吸血鬼と人間、兄と弟の戦いと葛藤を描いたホラーアクションアドベンチャー漫画。先が読めない。怖い。。。怖いもの見たさのせいか、なぜか読んでしまう>< ヤンマガで連載中。
http://www.yanmaga.kodansha.co.jp/higanjima/index.html
http://www.nowpro.co.jp/products/game/higanjima/index.html

漫画    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.21 Sun
KYN テニス 521
場所:KYN(オムニ、一面、ナイター、18?20時)
参加人数:男3、女4

4連チャンのテニスで疲れはマックス!けれども記録だけはしておきますね。

<メニュー>
・ショートテニス(ドライブとスライス、ストレートとクロス)
・ラリー(ストレートとクロス、ドライブとスライス、アプローチショットとボレー・ドロップショット)
・ボレーストローク(クロス)
(今日はゲーム形式の練習はなし)

<個人的課題>
・フォアハンドは、ドライブ・フラットドライブ・ドライブロブの打ち分け、コースの打ち分けを練習していく。
・バックはラケットを上から回してテイクバックを大きくとり、タイミングをあわせてミートすることでかなり良い状態。さらに確率をあげるべく練習。ボールの高低、コースの打ち分けも練習していく。
・バックボレーは、打点を身体の前にすること、確実にミートすること、タイミングをあわせることを注意して、強弱、長さ、スピン量、高さ、方向をコントロールできるようにしていく。とにかく繋げる練習が効果的だと思う。

★M下さんは、常に新しい練習玉(ウィルソン)を籠にたくさん入れている。ボールはよく弾み、そのため玉のスピードも早くなりがちで、バウンド後も比較的スピードを失わない。結果として、打感もずっしりと重い。試合に近い感覚で練習できるのだと思う。

帰りに、練習球、ヘアバンド、リストバンド、日焼け止めを補充しました。

・次週から土曜日19?21時です。
・今後、土日ともやろうか?という話が出ました。ご意見・ご要望はM下さんまで^^

テニスノート    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.21 Sun
SFM テニス 520
場所:SFM(オムニ、2面、14-19時)
参加人数:男2、女3

練習内容
サーブの練習
・スライス、セカンドスライス、スピン
★今日は確率を上げるためスピンスライスを取り入れた。
★長時間練習できたので、身体を痛めないよう、フルショットは少なめにし、感覚を重視した。
★ポイント:トス後、ボールをしっかり見上げて、ボールのどこにラケットが当たるか意識して打つ。

バックハンドストロークの練習
自分で球出しをして練習
ストレートとクロスの打ち分け
★この条件でも、ミートしないことがかなりあった。頭を残し、ボールをよく見てそこに合わせて振ると確率があがった。これは習慣化する必要がある。

ラリー(K原さんと)
フォアとバックハンドスライスのコントロールはまずまず。これに対して、バックハンドドライブのコントロール(方向、高さ、長さ)がまだまだ。要練習。

リターンの練習(OKAちゃんとみーちゃんのフラットサーブをリターンするところから、シングルス形式で練習。)
フォアは狙った玉が打てることが多い。バックもドライブかスライスでもっとコースを狙っていけるようにしたい。
★これはかなりいい練習になった。

練習試合結果(ミックスダブルス。ノンアドバンテージ。Pはパートナー)
?4?1 勝ち (P:ガマちゃん)
?4?1 勝ち (P:OKAちゃん)
?4?1 勝ち (シングルスVS女ダブ)
?4?1 勝ち (P:みーちゃん)
?4?3 勝ち (P:がまちゃん)
?4?1 勝ち (P:みーちゃん)
★今日は、気持ちよく全勝。5試合目で、1?3からの猛追、タイブレイクに持ち込み逆転勝利したのがうれしかった。
★サービスゲームのキープ率が80?90%と高率であったのがよかった。ファーストの確率は改善の余地が大きいが、セカンドの確率がよかった。スライス、スピンのファーストサーブが入るとエースも取れた。
★ミスが少なく、思うようにボールをコントロールできたことが多かった。逆に相手のミスがこちらのポイントになった。
★試合にニューボールを使ってみたら、それはもうはずむことはずむこと。練習の一部と練習試合にはできるだけニューボールを使うべきだと確信した。

みなさん、おつかれさまでした^^

テニスノート    Comment(3)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.19 Fri
自身初!シングルストーナメントにエントリー
本日、テニスの大会にエントリーしました。初めてのシングルスの試合へのエントリーです。勝敗は別として、少しは試合らしい試合ができるレベルになってきたので、緊張感のある真剣勝負の中でも実力が発揮できるように、またそういう中で強くなっていきたいとの考えで、コーチや経験者の方と相談してエントリーを決めました。

日時:6月3日
大会名:UPZサタデーナイトトーナメント
種目:男子シングルス(オープン)、予選リーグ+決勝トーナメント
ルール:6ゲーム先取、ノンアドバンテージ、セルフジャッジ
コート:屋外、オムニコート
試合数:3?4試合
参加人数:20人

Nコーチ曰く、「どんどん出てください^^」「Cクラスの人が勝つのはなかなか難しいみたいですね。」「4試合も集中し続けるのは無理なので、どこか(自分のサービスゲーム以外とか)で休みながらやるほうがいいですね。」

1試合も勝てない可能性もありますが、1試合でも多く勝てるように、1ゲームでも多く取れるように、練習とコンディション作りをしていきたいです。また、特にシングルスの試合には不慣れなので、慣れていきたい。ただし、やりすぎには注意。仕事や他の事とのバランス、休息を考慮してやっていきたい。

テニスノート    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.19 Fri
テニスレッスン【パッシングショット・バック編】
レッスンで習った内容・感想を掲載します。
★コーチ:Nコーチ。UPZにて。
★レッスン内容:バックハンドストロークによるパッシングショット(パス)。パッシングと言えば、前へ出てきた相手の横を抜くショットだと思っていたが、今回は、クロスのボールをストレートへ打ち返す(コース変更)という意味で使っていた。
★ポイント:差し込まれないために、一旦後ろに下がってから前へ出て打つ。一旦離れておいてから踏み込んで、逆クロスのイメージで打つ。力のある玉、ドライブを打つには、体の捻りをしっかりすることと、利き手と添え手の軽い引っ張りあいによりヘッドスピードを上げる。バックハンドストロークは、クローズドスタンスで打つこと。ゴルフのスウィングと似たイメージで振る。最下点からアッパーブロウのときにボールを捕らえる。インパクトゾーンを長めに取る。リストコックは、親指側に行い、手のひら側や手の甲側には折らない。
★感想:フォア、バックともにパッシングが打てれば大きな武器になる。フォアは確実性とスピードを上げること。バックはクローズドスタンスの体勢と体の前での打点のイメージを早めにつくること。

テニスノート    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.19 Fri
ブログ機能の追加・改善
いつも閲覧・コメント下さりありがとうございます^^
本日、以下の機能を追加・改善しました。

♪BGM・・・お好みのBGMをお楽しみください。改良して音質のよいクラシック、ジャズなどを流せるようにしたいと考えていますが、やり方がわかんねーーww

カレンダー・・・日付をクリックするとその日の記事を読むことができます。

リンク・・・「検索エンジンGoogle」と「百科事典ウィキペディア」へのリンクを追加しました。どうぞご利用ください。

最近の記事+コメント・・・2つの項目(プラグイン)を1つにまとめました。日付やコメントのタイトルはカーソルを合わせると表示されます。

今後ともよろしく^^
たかぼうず

お知らせ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.18 Thu
ITC テニス 518
5/18 テニスサークルITC
ハードコート、2面、ナイター、2時間
参加人数:男7、女3

練習メニュー
ショートテニス、ストローク、アプローチ、ボレー

本日の試合:ダブルス(男子ダブルス、混合ダブルス)、パートナーはS也
?0?4 負け
?2?4 負け
?2?4 負け
★感想
ううう、3戦全敗。。悔しい。やはりサーブが安定しないと苦しい展開。キープ率も悪かった。今日はコンディションが悪かったな。煙草の吸い過ぎはやめよう。今週はブログ、実験、抄読会の準備となにかと忙しいので、体調管理をしっかりと。
★良かった点
雨が降らずに練習できた。
フォアハンドストロークの安定(打点と打球をイメージできた。)
レシーブの安定(フォアで安定したレシーブが出来た。ただしボディはうまく動いて打つこと。)
★ペアからのアドバイス
バックハンドボレーで上から強く(スライスに)振りすぎ。ヒットすればいいが、ミスの確率も高い。しっかりミートしてボレーすること。
★課題
・スライスサーブ(1stと2nd)、スピンサーブを練習して安定させること。
・バックハンドストローク(まず打点と打球のイメージをつくること。準備を早めにすること。両手のバランス良い使い方。タイミング。ラケット面を下に向けないこと。)
・僕が左利きの為、センターが二人ともバックハンドに。今度からどちらがとるか決めておこう。

テニスノート    Comment(3)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.18 Thu
「武士道」 新渡戸稲造著
「勇」 「仁」 「礼」 「誠」 「名誉」 「忠義」
これらの意味が言えますか?
あなたは、これら武士道的な日本人の心を持っていますか?

藤原正彦の「国家の品格」でも多数引用された書物です。

実は、私、買って少し読んでみたが、どうも読みにくい^^;
もともと欧米人に、日本人の根底にある価値観、行動規範(宗教心のようなもの)を説明した書物であり、これを日本語に訳したものです。
藤原正彦の「国家の品格」はかなり読めましたが。。
なんとなく言いたいことは、わかりますが、表現や例がわかりにくいですね。
分かるヒトがいたら、解説してくださいね。

読書・思想    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.17 Wed
ドジバナ?♪
今日、いつものようにお気に入りのカフェでお昼のお弁当を頂きました。おいしかった?♪
食後、煙草をふかしながら少し読書にふけり、珈琲を飲んだ後、眠くなったので机にうつ伏せて気持ちよくウトウトと。。
スッキリ目覚めたところで、さあ行こうっ。。。。って財布に【【【158円】】】しかななななななな、ないいいいーーーーー><
慌てて、お店の主人に事情を説明する俺。。すると、決まり文句 「いいんですよ、また今度で^^」 げげげ、なんか本当にお金が無いヒトみたいだーーー><
走って、ATMへ! そしてなんとか直ぐに支払うことができました^^; あーーーー恥ずかしっ^^;

ちなみに、このお店では初めてだが、食事中、食後に財布を持っていないことに気づいた、あるいは財布を持っていたけどお金が入っていなかったことは、覚えているだけで過去に6回。。。いづれもラーメン屋(3店舗)。。 常習犯か、俺は。。。 そして、いつもお店のヒトの答えは同じ「いいんですよ、また今度で^^」^^; いいヒトだ、みんな?? やっぱ天然だ、俺は??

サザエさん越えだな。。。ルールル、ルルッルーーー、きょおおおもいいてんきぃ??♪

天然話 (^ー^;)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.17 Wed
携帯電話から閲覧可能に
本日より、このブログをモブログ対応にしました。
つまり、携帯電話からのアクセス・コメントが可能になりました。
モバイルブログ、略して「モブログ」だと思います^^;

http://takabowz.blog66.fc2.com/

携帯電話から上のアドレスへアクセスしていただくだけで、記事の閲覧、コメントの記入が可能です。

ただし、表示形式が変わり、表示内容にも制限がかかるので、通常はパソコンからのアクセスをお勧めします。

今後ともよろしくおねがいします。

たかぼうず

お知らせ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.16 Tue
友人のブ・ロ・グ♪
友人のブログを紹介しておきます?♪

「みんなと楽しく麻雀大会」。いのさんこと「いのぶらかんさい」さんのブログ。楽しい方です^^Yahoo麻雀でトーナメント、団体戦などの麻雀大会を企画・運営されています。大会参加者など友達も多く、ブログも大盛況^^「いのさん?、しごともしろよおおww」
http://blogs.yahoo.co.jp/inoburakansai/24939.html

「くぼっちのなんでもダイアリ?^^」 くぼっちことkuboowy1110さんのブログ。若い女の子(のハズww)にしては、抜群に麻雀が強い!!椎名林檎をこよなく愛する一面も^^ええっと、くぼっちのIDって僕が好きなあのロックバンド「BOOWY」と関係あるの????
http://blogs.yahoo.co.jp/kuboowy1110

ジニーのシネマ「勝手に言わせていただきます」。ジニーことgenius0322mbさんのブログ。麻雀も上手かったけどね、ものすごく映画くわすぅぃいいい。映画観たくなったら、ここ見てみよっと。んでジニーにどれがいいか聞いてみよおお。観たら俺もれびゅーかくぞ??。
http://blogs.yahoo.co.jp/genius0322mb

みなさん、いいヒトばかりです。今後ともよろしくね??^^

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ
リンク    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.16 Tue
「国家の品格」含め4点
http://takabowz.blog66.fc2.com/blog-category-5.html
で、4点(漫画1点を含む)レビューしました。あと、今読んでいるのは「他人を見下す若者たち」速水敏彦。表紙を見ただけでウケました。内容も興味深いものです。どの作品も読んだ方とお話してみたいですね。では^^

テーマ:今読んでいる本 - ジャンル:本・雑誌
読書・思想    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.16 Tue
テニス 一子相伝!片手バックハンドストローク!
テニス歴わずか一年の私。しかし、過去のあらゆる経験を生かし、練習相手にも恵まれ、週2?3回、時には週5回の練習をこなし、多くの経験者やコーチのアドバイスに耳を傾け、日々上達中である。
 先日、実年齢47歳、身体年齢25歳のサーボーグ中学教師○坂氏とタイマンで3時間のハードな練習と試合をして撃沈!自らのバックハンドストロークの未熟さを痛感した。
 そこで考えに考え抜いた一子相伝wの俺流片手バックハンドの秘術を紹介する。

5/16初版
5/18修正しました。

1.構え。ややバックに重点を置いて構える。得意なサイドは多少遅れても対応できる。
2.相手の玉が飛んで着ている間に、打点と打球のイメージし、それを再現できるように準備して、打つ。主な準備は、体の位置とスタンス(スクエアかクローズド)、スウィングのタイミング。
3.適度な強さでグリップし、利き手は振り出す方向へ、添え手はその逆方向へ力を加えておく。
4.時間がなければ、早めのテイクバックを取る。小さく身体を捻り、ラケットを下げるか、頭に描いたインパクト位置が高ければラケットをややあげる。時間があれば身体の捻りを大きくしラケットを上方から回しこんでパワーを貯め、タイミングを計ってテイクバックをとる。
5.踏み込みを加えると、パワーのある球が打てる。
6.アッパーブロウな軌道で振る。インパクト前にタイミングよく、添え手を離す。インパクトでラケット面は真っ直ぐ目標方向へ向くように。打点は身体より前。
7.フォロースルーは前方、上方へ。
8.ラケットが上方に向いたところで止めるか、リストをとう側へ使うことでヘッドスピード上昇やスピン量アップさせる。
9.ドライブを打つ場合は、まず身体の捻り、次に肘、手首などの関節を柔らかく、腕からラケットの先までを鞭のようにしならせて打つ。
10.1にもどる。もしくはフォアハンドストローク、ボレーなど次の動作の準備をする。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ
テニスノート    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.14 Sun
「国家の品格」 藤原正彦著
武士道精神を教わった時代のヒトは、団塊ジュニアの僕とはずいぶんと感覚が違うと思いました。しかし、言いたい事はよくわかったし、日本を良くしたいというその情熱は伝わってきました。いくらか極端な表現と感じたところもありますが、そのほうがインパクトがあって心に響きますもんね。なんせ国際経験豊かな数学者で、語学もスポーツもできるとなれば何を言っても説得されてしまう。
 とにかく日本人の感情として、切なさ、侘しさ、他人を思いやる気持ちなどが大事と言うことでした。おそらくそれは敗戦の体験からそういう感情が生まれるんだと思います。私個人を鑑みても、何かに失敗したり、負けたり、挫折したり、そういう経験をしてこそ弱いヒトの気持ちが分かるようになったと思います。なんでもうまくいっているとヒトの気持ちなんか分からないと思いますね。
 それと、古文、漢文が大事と言われましたが、正直言って高校生の時はあまり好きにはなれなかったなあ。いま、いい形で再会できたら、あらゆる文学も古文も漢文も楽しめるかも。あのころよりはいろいろと経験をしたから。
 何度かホームステイや旅行、学会で海外に行って思うのは、英語ができても話ができないということ。話すネタがないんですよね。考えてみたら日本語でも話すネタがない。だから、日本語で普段から日本の文化や歴史、時事的なこと、いろんなことに興味を持って話していないと、急に海外に行っても英語でそれができるはずがない。
 やはり、自分、家族、知人・友人、地域、国に対する愛をもつことが大切で、その結果として知識が増え、考え構築され、文化的な会話ができるという流れが大事かな。

国家の品格
国家の品格
藤原 正彦 (2005/11)
新潮社

この商品の詳細を見る

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術
読書・思想    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.14 Sun
「自分を動かせ」 渡部昇一編著、サミュエル・スマイルズ原著
この手の本は多いですが、本屋さんでたくさんの本の中からコレなら最後まで読めそうと選んだものです。

立身出世の意欲が大切だと説いた本。「志」をもつことが大切です。出世欲、野心、野望。。。駆り立てていきましょう。「天は自らを助くるものを助く」です。Self help即ち「自助」です。

自分を動かせ
自分を動かせ
サミュエル・スマイルズ (2006/02)
海竜社

この商品の詳細を見る

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術
読書・思想    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.14 Sun
「バカの壁」「超バカの壁」「死の壁」 養老孟司著
名著です。軽い気持ちで読めます。頭が軽くなり、いらぬことで悩まぬようになります。物事をいろんな角度から見て考察できるようになります。バカの壁、死の壁も面白い。バカの壁は特にお勧め。

バカの壁
バカの壁
養老 孟司 (2003/04/10)
新潮社

この商品の詳細を見る


超バカの壁
超バカの壁
養老 孟司 (2006/01/14)
新潮社

この商品の詳細を見る


死の壁
死の壁
養老 孟司 (2004/04/16)
新潮社

この商品の詳細を見る


テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術
読書・思想    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.14 Sun
ネット麻雀
今Yahoo麻雀が熱い!
見知らぬ土地の顔も知らぬ多くのヒトと麻雀を楽しめる!
いろいろなヒトと接することができ、楽しい!
麻雀も少しは強くなったかな。。。
社会勉強にもなりました。
チャットや掲示板で対話ができるのがいいですね。

これまで対戦や対話してくださった皆さん、ありがとうございました^^今後ともよろしく^^

雀鬼eguchit2000の戦跡はこちら↓
http://games.yahoo.co.jp/games/profile2?name=eguchit2000&consolidater=jmahjong.yahoo&intl=jp

掲示板での発言はこちら↓
http://search.messages.yahoo.co.jp/search/?p=eguchit2000&m=a&e=%B5%FE&submit=%B8%A1%BA%F7

テーマ:無料オンラインゲーム - ジャンル:オンラインゲーム
ネット麻雀    Comment(33)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.14 Sun
私のプロフィール
私のプロフィールはこちらを参照。Yahooのものを使わせていただいております^^ http://profiles.yahoo.co.jp/eguchit2000

テーマ:ブログはじめました。 - ジャンル:ブログ
プロフィール    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。