旅日記 | メモ | お話 | 読書・思想 | テニスノート | 思索・対話・日記 | 漫画 | 映画 | ネット麻雀 | お知らせ | グルメ | 天然話 (^ー^;) | リンク | 頭痛日記 | プロフィール | イベント | 日程 | お仕事 | 
Search Web or Takabowz

Google
Web Takabowz

Link
Access Counter
Recent Coments
Recent Trackbacks
Dictionary 辞書

goo 辞書


RSS Field
フリースタイル ?ある研究者の休息時間?
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
Calendar
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Profile

bowz

Author:bowz

QR code
QRコード
takabowz.blog66.fc2.com
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
Recent Entries
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.08.29 Tue
の部屋は、たしか3年前に訪れた時よりも散らかっていた。 本、ドラム、ベース、アンプ、新しくて広い机、そこに巨大なモニターとキーボード(パソコンのもあるが、音楽用のが目立つ)。 いらなくなったものはネットオークションで売ると言う。 ビジネスや英語、人生訓、速読などに関する本に私は興味を持ったので、数冊借りることにした。
企業の求人のマッチングシステムを作るという今の仕事にはさほど凝りはないらしい。 テニスを習うのをそろそろやめて、今はドラム、ベース、音楽理論を習っているという。 爪が飛び出ているせいでギターには限界があると言う。 子供のころ、エレクトーンに行き詰ったのは、その音楽理論に欠いたためであったことに気づいたと言う。 部屋では「黒人リズムの秘密」などという本も見かける。 服飾も習おうと思っているらしい。 服とかファッションが好きなのだ。 気に入って買ったけど、少しサイズが合わない服をいくつもくれた。 他にもなにかとものをくれる。 自分が使ってよかったものをくれる。 なにかとよくしてくれる。 僕をベッドに寝かせてくれて、自分は床に寝る。 メールでやりとりをすれば、必ずジョークが含まれる。 なぜか顔はいつも笑っている。

時差のせいだろう、朝5時半には目が覚めて、もう寝れそうも無かったので、私は朝の東京を散歩してみることにした。 神田川の水量はかなり少なかったが、たくさんの人が犬と散歩したり、ジョギングしたりしている。 コンビニで買ったおにぎりを平らで広い石の上で食べながら、そんな風景を眺める。 ゴミを集めて掃除をしているヒトがいる。 帰り道は、来た時よりもきれいな道になっていた。

6時半頃だろうか、目覚ましにセンスのよいへヴィメタ?がかかり、20分ほどで2人は準備をして、部屋を出た。 電車を乗り継いで、十条に向かう。 のテニス仲間のお姉さま方、の大学時代の友人とそこで落ち合う。 じっとしているだけで汗を掻き、少し動くと汗だくになる日本の夏もひさしぶりだ。 長時間ドライブの旅のせいか、長時間フライトのせいか、腰が痛い。 2週間ぶりということもあり、私のテニスは乱雑であった。 もともとの性格もあって、のテニスは丁寧でやさしい。 細身の身体からは力強さは感じない。 ボールも山なりで遅い。 そんな玉でとにかくフットワークで拾い、相手のミスを待つのだろう。 盛り上がったふくらはぎの筋肉や、試合での活躍を聞くとそんなところだろうと思う。 お姉さま方は熟練なので、ボレーやコースなんかは厳しい。 思うようにいかなかった悔しさと次は、、という意欲が生まれる。 それだけではない。 やさしい人たちに囲まれたの都会生活に、非日常的に加わってみる面白さがある。 私はが好きで、彼と会った後にはいつも気分がいい。

ついでに書いておこう。 は、人をかんぐったり、疑心暗鬼になったり、ちょっと物事が自分の思うように行かないからといって不機嫌になったりしない。 弟の態度は、なにか世の中を舐めているかのような、人をなめているかのような態度だ。 とてもフランクで、いつもブラックジョークや皮肉を言っている。 私の中で弟が蘇ることによって、ようやく生きた心地がしてきた。
スポンサーサイト

思索・対話・日記    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://takabowz.blog66.fc2.com/tb.php/111-fb5fc02a

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。