旅日記 | メモ | お話 | 読書・思想 | テニスノート | 思索・対話・日記 | 漫画 | 映画 | ネット麻雀 | お知らせ | グルメ | 天然話 (^ー^;) | リンク | 頭痛日記 | プロフィール | イベント | 日程 | お仕事 | 
Search Web or Takabowz

Google
Web Takabowz

Link
Access Counter
Recent Coments
Recent Trackbacks
Dictionary 辞書

goo 辞書


RSS Field
フリースタイル ?ある研究者の休息時間?
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
Calendar
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Profile

bowz

Author:bowz

QR code
QRコード
takabowz.blog66.fc2.com
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
Recent Entries
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.09.06 Wed
アマデウスさんへ (脱初心者!女性テニスプレイヤー: ボレーの基本からスライスのマスターへ)
随分と返事が遅くなりました。 まず、ずっとアマデウスさんを男性だと勘違いしていたのですが、女性だったのですね(汗) ミックスダブルスがんばってください。

そして、「1勝」おめでとうございます! 「フラット打ちじゃ勝てない」の意味が僕にはしばらく分からなかったのですが、やっとわかりました。
男性は、わりと早くにトップスピン(ドライブまたははスピン)とアンダースピン(スライス)を覚える傾向にあります。 それに対して、女性のストロークは、テニスを始めてから長期にわたりフラットのことが多いようです。 昨晩も知り合いの女性(仮にK末さんとします。)から相談を受けたのですが、男性との練習やミックスダブルスに慣れている女性は、タイミングを合わせ、面を作って男性のスピンやスライスを返すことを覚えるようです。 すなわち、守備(男性の癖球を返すこと)を覚えます。 僕と練習したときも、僕のこれでもかという癖のあるスピンをことごとく返してきました。

ところが、最近、ミックスの大会に出たり、女ダブの大会を観戦して気づいたのですが、たとえ社会人になってからテニスを始めたと思しき女性であっても、中級者以上になると、自分からスライスやスピンを打ちます。 つまり積極的にボールに回転を加えるわけです。 そしてコースが狙えれば、男性にとっても手強い相手(つまり練習したい相手)となります。 この記事を読んでいて、自分は初心者だから、下手だからそこまでできないと思ったあなたは、根本的に意識改革する必要があります(アマデウスさんは経験的にお分かりですが)。 マスターするという気になってやれば、マスターできます。


まず、スライスについて考えてみます。 シャープな球筋の低く滑るような重いスライスは男女を問わず大変な武器になります。 そこまで行かなくても、女性の中でスライスを覚えていれば、相手のネットを誘ったり、体力を消耗させたりと、かなり効果的です。 スライスの基本はボレーにあります。 ですから、まずしっかりとボレーを身につけてください。 


多くの初心者テニスプレイヤーはボレーをマスターしていません。 スクールで習っても、まるでコーチの話を聞いていません。 聞いたつもりになっているだけで、習ったことを自分で練習して、体得するところまでしません。 お金と時間の無駄です。 コーチに失礼な気すらします。 ストロークでラリーを続けることばかりを練習して、ボレーボレーやボレーストロークの練習が足りません。 この際、身につけるところまでいくべきです。 自分で一生懸命練習しないで身につくはずがないのです。 うまいヒトや下手なヒトのプレイをよく観察して比べるべきです。

まず、グリップをストロークのグリップからボレーのグリップに変えてください。 いつまでストロークのグリップでボレーを打つつもりですか? そしてラケットを振り回してネット? 馬鹿げてます。

さて、手首を伸ばさずに、手首の角度を保ってください。 最初は少ししんどいです。 続けていれば、筋力がつき、脳が覚えるので、忘れなくなります。 これをマスターといいます。

面を少し上に向けて(調節してください)、ネットより少しだけ上を通るシャープな弾道をイメージして、ラケット面をその方向へまっすぐ押し出します。 ゆるい球に対しては、目標方向へ運ぶように打ちます。 フォアもバックもこれで、ボレーが打てます。 速い球に対しては、面をつくってミート(キャッチ)します。 その上で、速い球、遅い玉、いろいろ試してください。 決して、ラケットを振らないでください。 ボールが当たる瞬間の当たり方を少し加減するだけでボールのスピードは変えれます。 グリップをしっかり握って、面の真ん中で捉えるように心がけます。 ゴツッと嫌な感触がしたり、ラケットを弾かれたり、思ったほど飛ばなかったら失敗です。 できるだけ、身体より前で捕らえてください。 ラケットが常に視界に入っていれば正解です。

次に、相手の胸元を狙ったり、足元を狙ったりします。

自分もそういった玉を返せなくてはなりません。 でないとボレーボレーが続きません。 難しい玉が来ても続けることを目標にしてください。 相手が打ちやすいところ(例えば、フォアのミドルボレー)に返すのではなく、打ちにくいところに来ても返す練習をしてください。 打ちにくいところに来てラリーが続かないのは、相手のせいだけではなく、自分がまだ下手だからです。 相手が打ちにくいところを狙い、それを返す練習のほうが実践的です。 試合では、誰も打ちやすいところに打ちやすい球を打ってくれません。 甘えた考えは捨てましょう。 打ちにくいところを狙うのは、自分のためでもあり、練習相手のためでもあります。


面をつくって、イメージどおり押し出すところまで言いました。 では難しい玉(低い玉、高い玉、胸元、遠い玉)にどう対応するか。 脚を使います。 身体を動かして、打ちやすい体勢を作って打ちます。 低い球(ローボレー)には、腰を落として対応します。 胸元の玉は、フォア側に動いて、バックハンドで返します。 遠い玉は大きくステップして対応します。

文章で書けるボレーの基本はこんなところだと思います。 聞いてもらえれば、コートで教えます。 そのほうが早いかもね。 


さて、ポジションはどこで打っていますか? ネットから2メートルのところ? OKです。 そこからだんだん離れてみてください。 例えば、ネットとサービスラインのちょうど中間(サービスエリアの真ん中)。 そこで打てたら、サービスラインの少し前。 さらに、サービスラインの後ろ。 あれ? ワンバウンドのボールが増えてきます。 ダイレクトに相手まで届きません。 OKです。 ボレーと同じ打ち方で続けてください。 返せるはずです。 これをハーフボレーといいます。 ワンバウンドの玉をボレーの打ち方で返します。

さらに下がり、ベースライン付近で同じことをします。 速い球に対しては面を作ってタイミングを合わせるだけでOKです。 では、緩い球を速い球で返したい時や、もっと速い球を打ちたいときはどうするか? 肩を回すのです。 さらに、重心を前に移しながら(前に倒れるような感じで)、脚を出せば(ツーステップで)、もっと速いボールが打てます。 決して腕だけで打たないように。 ラケットを振らないように。 ラケットや腕の形は、同じままで、体重移動と肩の回転でボールを飛ばします。

この練習は、背中、お腹、お尻、脚といった身体の大きな筋肉を使うので、美しい体型をつくる効果もあります。 肩や腕、肘への負担も少なくて済みます。 筋肉量が増えると、基礎代謝量が増えますから、美容にもいいでしょう。 もちろん脂肪燃焼効果も抜群です。


ブロックリターン(ラケット面は安定させておき、肩の回転量の調節と脚の動きで、方向性と正確性を出すリターン。 特に速いサーブに対して有効)やアプローチショット(浅い玉に対して、深い玉や厳しい玉を打ってネットへ出るショット)は、まさにこういった打ち方でOKです。


ボレー、ハーフボレー、ブロックリターン、アプローチショットが全て同じ打ち方の応用であることが分かったでしょうか。 実際にやってみましょう。


次に、これらの打ち方でボールに下回転(アンダースピン)を加えてみましょう。 スライスです。

ラケット面を少しだけ上に向け、面の軌道を少しだけ斜め上から下にすると、ボールに下回転(アンダースピン)がかかります。 それがスライスです。 ボールのスピードや高さもいろいろ試してください。 アンダースピンが少しかかったネットすれすれの低くて速い球は、相手にとって嫌な玉、すなわち、いい玉です。 フワッとボールが浮いたら、試合では前衛のボレーにつかまるでしょう。 でも、もっとフワッと高く上げれば、前衛には届きません。 これがスライスロブです。

このスライスの練習をたくさんした後は、脇腹の筋肉が少し痛くなるはずです。 打ちなれたフラットと違い、ラケット面を斜め上から斜め下へ動かすからです。 でも慣れると、上から下の動きのほうが楽に打てます。 男性でも、若いとグリグリのトップスピンを打ちますが、歳をとって筋力が落ちると、ボールがフラットになったり、アンダースピンを多用するようです。 それだけ、楽に打てて実践的な打ち方ということです。


実際の練習では、2人が同じようなポジションで打ち合うだけでなく、例えば、一人はサービスエリアの真ん中(相手の足元を狙う攻撃的ボレー)、もう一人はベースライン付近(ローボレーやハーフボレーの多い守備的ボレー)でやって見ましょう。 実践的な、ボレーストロークや並行陣の練習ができます。


なお、これらの練習は壁打ちでもできます。 壁打ちをするとあっという間に上達するでしょう。 少々の遅れも取り戻せるでしょう。 練習しないと、みんなに置いていかれますよ。


さて、あなたの理解度は? 50%? 5%? 長すぎて読む気がしない? プリントアウトして熟読? 実際にラケットを持ってやってみた?


ご心配なく。 コートで気軽に声をかけてもらえれば、お教えします。 できることからやりましょう。


さて、少しK末さんの話を書いておきます。 K末さんの特徴としては、サービスラインやや後方にポジションをとり、ボレー、ハーフボレー、ストロークで相手コートに返すことに長けている。 今後、どのように上達したらいいかという相談だったのだが、守備は十分なので攻撃を覚えるのがいいと答えた。 そのためには、いやらしいコースが狙えることと、スライスやスピンをマスターすることだ。 ただ返すだけの守備ではなく、コースを狙ったり、回転を加えることで攻撃的になる。 

ヘルニアで、腰や右半身全体が痛いことがあるという。 痛いときは無理は禁物。 その上で無理のないフォームを身につけることが最重要だ。 僕も診断的にはヘルニアを患っている。 しかし、背中のヘルニアも、足首の靭帯断絶も、膝痛も、テニスエルボーも、腱鞘炎も、うまく練習を続けながら休養と栄養をとり、いずれも全くあるいは大して痛みを感じない。 痛みを克服するためには、身体に無理のかからないフォームを身につける(筋力をつけながら、脳と筋肉に覚えさせる)ことがことが効果がある。 大丈夫。 楽しくやれば、大して痛くありませんよ。
スポンサーサイト

テニスノート    Comment(5)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
ありがとうございます。 Posted by アマデウス
プリントアウトしました。
ボレーはバックボレーはラケット振ってしまいます。
フォアの球出しの時はコーチに褒められます。
が、ボレーボレーで足元の球、正面にくる球、返球出来ません。
(今の所、この2球がスクールで練習する球です)
でも、一歩が出ません。

ここをクリアしないと先に繋がりませんね。
明日スクールなので意識してレッスン受けてきます。

2006.09.07 Thu 13:54 URL [ Edit ]
Posted by タカボウズ
長く分かりにくい文章を読んでくださり、ありがとうございます。 感覚や運動を文章で表現するのはホント難しいです。 それに、アマデウスさんのテニスを見たことがあるわけではなく、僕が知っている初心者女性テニスプレイヤーに向けて書いた面もあります。

昨日も壁打ちで確認してみたのですが、バックのほうが力が入りにくいぶん、振りがちですね。 無論、全く腕や手を使わないわけではないのですが、多くの人の過ち(ミスの原因)は、手や腕だけでラケットを動かす(振る)ため、ラケットの面が簡単に変わってしまい(不安定になり)、ネットするようです。 物凄く確率の低い打ち方をしているわけです。

まず、8割方バックの準備を(正面もバックですから)しておいてはどうでしょうか。

そして、バックの玉、足元の玉(と短い玉)、正面の玉、どれも脚がポイントです。

やってみれば分かるのですが、フォアがいろいろな打点で打てるのに対して、バックは前方の打点で捕らえないと力が入りません。 したがって、脚をツーステップ(バック側の脚、フォア側の脚の順)で動かし、スタンスを全くの正面向きではなく、フォア側の脚を前方バック側に出して、スクウェア(横向き)かクローズドに近い形に変える必要があります。 そうすれば、胸元にゆとりができ、肩や腰のコンパクトな回転を生かしながら、ラケット面を返さずに目標方向へ向けることができ、ボールをミートしたり飛ばしたりできるようになります。 ここで述べた、スタンスやステップについてはストロークについても同じことが言えます。

ストロークでもボレーでも同じことですが、バックばかりを続けて打ち、どの身体の形、向きが最も打ちやすいのかを覚えながら、筋力をつけるのが良いでしょう。

僕が知る多くの初心者プレイヤーが、これらのことを知らないために、脚を動かすことをサボり、全く脚から動こうとせずに、難しい打点のまま腕だけで打ってミスを繰り返します。

脚が動いて、脚の形ができていないと、クロスにばかりボールが飛んで、ストレートや逆クロスに打てません。 ストレートと逆クロスの練習をしましょう。

インパクトの時の微調整やゆとりのないときには、手や腕の感覚で面を調節して対応します。

追加のまとめです。
① 8割方バックの前方の打点に意識をおく。
② 打ちやすい脚の位置、形、動かし方を覚える。


次にローボレーですが、ローボレーこそ振ってはいけません。 腕、手首、ラケット面の形をしっかりさせ、膝を曲げ、腰を落として、ボールをキャッチする感じでミートします。 強く当たってしまうとミスしやすいです。 決して振りで玉を飛ばそうとせず、ミートとタイミングで適度にボールを飛ばします。 ネットより少し上を通し、ボールを浮かせないことです。 相手にもローボレーさせるようにしましょう。 こういう玉を打つためには、ツーステップでしっかりと脚の形をつくることです。 ラケットや腕でボールをとりにいくのではなく、脚と腰でボールをとります。
2006.09.07 Thu 16:33 URL [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006.09.11 Mon 22:57 [ Edit ]
テニスバカと主婦 Posted by タカボウズ>KTMさん
KTMさんへ
コメントいただき、嬉しい限りです。 先日の試合では、収穫が多かったことと思います。 僕自信も草試合に出るようになってから、随分成長できてきているという実感があるので、KTMさんにとっても有意義なものであったろうと思っています。 主婦と仕事を両立しながらテニスもするということ自体、僕には想像もつかないくらい大変なことなんだろうと思います。 それを思うと、現在テニスバカと化している僕の記事は、明らかに書き過ぎですが、少しは考えていることが伝わったようで嬉しく思います。
2006.09.12 Tue 17:35 URL [ Edit ]
まるでテニスを見てもらってる?と錯覚しました。 Posted by アマデウス
意識してボレーをしたので3球めの返球は出来ました。
が、コーチに(フォアボレーですが)「肩を入れて」「横向きに」と
言われても理解出来ませんでした。「ツーステップで」とかも言われました。

返事読んでやっと意味が分かりました。
あと「打ったら構える」特に前衛の時、
バックを意識してません。これも意味が分かりました。
8割方ですね♪

ゲームすると太もも・背中が筋肉痛です。
地道に筋肉つけないとですね。

おかげでスッキリしました。
丁寧な説明ありがとうございました。



2006.09.13 Wed 16:23 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://takabowz.blog66.fc2.com/tb.php/117-483ea306

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。