旅日記 | メモ | お話 | 読書・思想 | テニスノート | 思索・対話・日記 | 漫画 | 映画 | ネット麻雀 | お知らせ | グルメ | 天然話 (^ー^;) | リンク | 頭痛日記 | プロフィール | イベント | 日程 | お仕事 | 
Search Web or Takabowz

Google
Web Takabowz

Link
Access Counter
Recent Coments
Recent Trackbacks
Dictionary 辞書

goo 辞書


RSS Field
フリースタイル ?ある研究者の休息時間?
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
Calendar
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Profile

bowz

Author:bowz

QR code
QRコード
takabowz.blog66.fc2.com
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
Recent Entries
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.10.15 Sun
テニス 試合の反省。。
試合が終わって、ちょっとコーチやペアのKskさんと雑談をして、家路についた。 ソファに寝転がりボーっとしたり、風呂に入ってみたり。 少しは、頭が整理されてきて、日曜日にしては珍しくなぜかSBCに来ている。

今日の試合(スクール生トーナメント)は全く勝てなかった。 予選、0-6, 2-6, 0-6。 下位リーグ、3-6, 4-6。 まあ、実力からするとこんなもんなんだろう。 敗戦をどう上達に繋げるか、これに尽きる。

・コンディション作りからして、やや問題あり? 朝、練習なしで、サーブ練習4本だけして、いきなり試合であった。 どこかコートを見つけてアップをしてから臨むのがいいだろう。 N島さんなどは、朝、壁打ちでボレーの練習をしていたなあ。 あれも手だ。 それに今日はなんだか安定性に欠いていた。 先日備前で優勝した時と比べると淡白すぎた。 気迫やテンションも一定していなかったなあ。 スクール生トナという環境に慣れず、どうも態度が安定していなかったようにも思う。

・フォアストロークの粘りが無かった。 腰を落として、スピンでラリー。 これをしっかり基本にして、調子によって、深い玉や、フラットドライブを打っていきたい。 どうもミスが多い時は、腰が落ちていなくて、身体が上ずってしまい、ボールがうまく持ち上がらないとか、ボールがラケットの下を通るとか、ネットが多いのだ。 先に腰を落としておけば、安定して、下から上への軌道でスピンが打てる。

・サーブに迷いがあった。 スピンスライス、フラットスライス、フラット。 それぞれ、フォア、バック、ボディへの打ち分けがある。 さらにアドサイド、デュースサイドから打つ機会がある。 それをどう組み立てるか。 相手のバックを狙うのか、センター中心に打っていくのか。 相手の様子(どちら側に構えているかなど)をみて選択する場合と、決め打ちをする場合とがあっていいはずだ。 もっとゆっくりと時間をとって、集中して、自分のペースで打つべし。

・リターンの課題。 フォアのスピンのミスは腰が落ちていなかった。 バックのロブの僅かなアウトが多かったのは、イメージ不足。 ベースラインよりは手前に落とさないと。 ブロックリターンは、腰を落として、いかなる玉も前衛に捕まらずに返すように集中すべし。

・左利きなので、デュースサイドにいるときは、ワイド側の玉がバックハンドになる。 今日は、リターンやラリーでここをよくつかれた。 バックハンドスピンは調子や自信によるので(これがいいときはかなり有効なのだが)、安定性を考えると、スライスを基本にしたい。 バリエーションとしては、?ストレートへのロブで、相手後衛のバックへ打つ。 ?クロスへ前衛に捕まらないようなスライスを打つ。 ?ストレートが空いていたら、ストレートパスを打つ。 このへんを基本にすれば、ミスや捕まる確率が低く、ゲームメイキングができると思うのだ。

・ペアや対戦相手によって、態度が変わる点はどうなんだろうか。 どのように自分を出して、どのように相手と接するのか。 そういう要素もあると思うのだ。 だいたい周囲の雰囲気を察知して、気持ちをうまく表出させて、かつ冷静さを失わず、勝負には勝てればいいなあ。

・また、レッスン、練習、試合、そして研究だ?な!
スポンサーサイト

思索・対話・日記    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://takabowz.blog66.fc2.com/tb.php/139-9723eaa1

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。