旅日記 | メモ | お話 | 読書・思想 | テニスノート | 思索・対話・日記 | 漫画 | 映画 | ネット麻雀 | お知らせ | グルメ | 天然話 (^ー^;) | リンク | 頭痛日記 | プロフィール | イベント | 日程 | お仕事 | 
Search Web or Takabowz

Google
Web Takabowz

Link
Access Counter
Recent Coments
Recent Trackbacks
Dictionary 辞書

goo 辞書


RSS Field
フリースタイル ?ある研究者の休息時間?
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
Calendar
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

bowz

Author:bowz

QR code
QRコード
takabowz.blog66.fc2.com
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
Recent Entries
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.07.07 Fri
ゴールドキウイナタデココ&ヨーグルト
 ちょうど夜の12時頃だったろうか、さすがにお腹が空いたので、胃腸への負担が少なそうな納豆とヨーグルトを食べた。 【ゴールドキウイナタデココ&ヨーグルト】は美味しかった。 研究室で既に1つ食べていたが、さらに1つ食べた。

 熟睡した。
朝は動くと関節(おそらく靭帯だろう)や筋肉が痛かったので、最近の習慣よりも1時間半ほど遅い起動でだった。 駅前の行きつけの喫茶店で朝定食をいただいた。 路駐を考えるほど、駐車場代が高くつくのが難点だ。

 午前中、電気泳動をするとバンドが皆無! 基本的な実験でもちょっとしたことで「たまには」こういう結果に。 あくまでも「たまには」であって欲しい。 とりあえず、ミニカルチャーしてあったクローンをミニプレップ。

 少し早めの昼食をとった。 僕としては珍しくご飯を残したが、珈琲にはミルクと砂糖をたっぷり入れて美味しくいただいた。 そのとき読んだ漫画に出てきた印象的な台詞、

「男とは無尽蔵に猜疑心を持っている生き物だ・・・・・・」
能條純一 「Hallelujah アレルヤ」 Op.5:心地  より

こんな日は、「できるだけ実験を進めておく」、なんてことはせずにおく。 もっと「やろう」という気持ちが高まってくるのを待つ。 能率を優先しないことが最も能率的なのだ。 そう考えて、一つ実験を進めては休憩して他のことをした。 そうすると、意外にも休憩の間に次に実験すべきことが思い浮かび、思っていた以上に実験が進んだ。

 COS細胞は、付着性が高く、簡単なPassive Lysisでは、十分に可溶化できない。 そこで約30分間のPassive Lysis Buffer中での振盪中に、手を使って何度かゆする。 機械だけでは十分に細胞が剥がれてこないから。 細胞が剥がれたら、イエローチップで吸出を繰り返し、細胞塊をほぐす。 さらに振蕩後、-20℃で凍結させ、融解後にルシフェラーゼアッセイを行う。

 祝日のテニスの誘いの声をかけた(といっても携帯メールだが)。 直ぐに返事が返ってくるのは凄い&嬉しい。 「希望時間帯を教えて下さい」と書いたところ、
Aさん 「昼からかなあ、どっちでもいいよ。 みんなに合わせますよ。」


Bさん 「一日中でもOKです。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 実験がうまく行っていない大学院生と会話をして、自分の考えを示した。 彼のためになるかどうかは分からないが、会話を通して自分の実験のアイデアを思いついた。

 夕方、お気に入りの喫茶店にはたくさんの(10人ほどであったろうか)お年寄りが。 お年寄りの社交はなぜか気にならなかった。 そのご老人達が、私に気を遣ったのかどうかは分からないが、早々に店を後にしたからだろうか。 それとも私が他のことに十分集中していたからだろうか。

 お腹が空いたが、濃いものは勘弁という気分だったので、久しぶりにお気に入りのうどん屋を訪れた。 ざるうどん、焼肉を少し、ご飯、漬物。 美味しかった。 値段もリーズナブル。

 今日の私は、一日中、寝癖がついていた。 時間的・精神的・肉体的余裕が無かったからだろう。 しかし、寝癖がついていることを把握して、なおかつブログに書くだけの時間的・精神的・肉体的余裕はあるようだ。 その程度の外見をさほど気にしないとも言えるし、気にするような相手がいないとも言えるし、気にするような状況でもないとも言える。

 口の周りや頸の後ろにできものが。 疲れのせいだと思う。

 人の名前が思い出せないときは、その人にどのようにお世話になったかを思い出すと良い。 逆に、人の役に立てば、名前を覚えてもらえる。

 疲れていたので、ITCのテニスに15分ほどだろうか、遅刻。 やる気のときは、15分ほど早く行ったりする。 ミニラリー、ボレーボレー、ストロークを少しずつ。 相手に合わせて、なるべくフォアの打ちやすいところへ、打ちやすい球を。 誰とやるときでもこうするべきだね、最初は。 ボレーストロークをやる間もなく、試合開始。 疲れていても時間通り行くべきだったね。

 試合は、2試合半。 内容はなかなか良かった。 リターンを思い切って打つことに成功。 リラックスして思い切れれば、成功率が高かった。 ドライブ系は冴えていた。 ストロークもドライブはまずまず。 逆にスライス系リターンは浮いたり、タイミングがずれたり、ミスヒットした。 おそらくグリップの問題。 ちゃんとグリップとフォームを切り替えればできるはず。
 
ボレー、スマッシュは、うまくいったものもあれば、失敗もまだまだある。 気が抜けていてミスというのが数本。 フォアのボレー、ハーフボレーをクロスの相手フォアへ甘く流してしまったものが数本。 ボディー、センター、バックも狙っていきたい。
 
サーブは、リラックスして、思い切って打てたらいい球がうてる確率が高い。 セカンドも思い切りが大事。 萎縮してはいけない。 ファーストよりもスピン量を増やした分だけゆるやかな軌道でボールが入っていくのをイメージする。 とにかくスピンをかけて入れれば相手がミスする確率も十分にある。 また、いろいろな球種をいろいろなコースに打つと、相手の弱点が探せる。 やまを張られて、たまたま強烈なリターンが帰ってくることもあるが。

 ペアを組んだ女の子もかなりがんばっていたようだったし、僕もまずまずの集中力で、よいプレーも多かったし、試合の結果もなかなかのものだったので、満足。 以前より、技術的、体力的、精神的に(心・技・体ってやつだな)、タフになったように思う。 そういえば、小学校の石碑には「徳・知・体」って書いてあったよな。
スポンサーサイト

思索・対話・日記    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
こんにちは。 Posted by ilios
ゴールドキウイナタデココ&ヨーグルト、おいしそうですね。見つけたら、試してみます。僕は豆乳花っていうデザートが好きです。

実験のところはよくわかりませんでしたが、COS細胞って、コサイン細胞と読むのでしょうか(たぶん違う)。ルシフェラーゼがホタルの発光に使われる酵素ってくらいは知ってますが…(笑)。

僕の高校では、玲瓏同氣っていうよく意味の分からない校標があります。
2006.07.07 Fri 12:34 URL [ Edit ]
おっす。 Posted by たかぼうず
豆乳花(トールーファ)
http://www.miyagiseifun.jp/catalog/desert/torufa.html
http://allabout.co.jp/gourmet/chinesetea/closeup/CU20031123A/
美味しそうで健康にも良さそう。 心地よい食感、プレーンな味に黒糖蜜の甘みがたまらないといった感じでしょうか。 想像しただけで涎が溢れてきます。 今度試してみます。

サイン・コサイン・タンジェント。 三角関数。 懐かしい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%A7%92%E9%96%A2%E6%95%B0
受験生らしい回答(笑)

COS細胞は、そのまま「コス」と呼んでいます。 名前の由来は知りませんが、サルの腎臓由来の細胞。 実験用細胞株のスタンダードで、世界中で使われています。

Luciferaseは、正解です。 その酵素と基質(Luciferin)の反応で発光(正確に言うと、蛍光)することを利用して、分子生物学的実験ツールとしてよく使われます。

「玲瓏同氣」って、謎ですねえ。 なんか「氣志團」みたい(笑) どういう意味なんでしょうかね。 僕の母校の校風は「自由」でした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%A3%E5%BF%97%E5%9C%98
2006.07.07 Fri 16:26 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://takabowz.blog66.fc2.com/tb.php/84-841e2816

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。