旅日記 | メモ | お話 | 読書・思想 | テニスノート | 思索・対話・日記 | 漫画 | 映画 | ネット麻雀 | お知らせ | グルメ | 天然話 (^ー^;) | リンク | 頭痛日記 | プロフィール | イベント | 日程 | お仕事 | 
Search Web or Takabowz

Google
Web Takabowz

Link
Access Counter
Recent Coments
Recent Trackbacks
Dictionary 辞書

goo 辞書


RSS Field
フリースタイル ?ある研究者の休息時間?
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
Calendar
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Profile

bowz

Author:bowz

QR code
QRコード
takabowz.blog66.fc2.com
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
「読書・思想 」 の記事一覧
Recent Entries
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.05.14 Sun
「国家の品格」 藤原正彦著
武士道精神を教わった時代のヒトは、団塊ジュニアの僕とはずいぶんと感覚が違うと思いました。しかし、言いたい事はよくわかったし、日本を良くしたいというその情熱は伝わってきました。いくらか極端な表現と感じたところもありますが、そのほうがインパクトがあって心に響きますもんね。なんせ国際経験豊かな数学者で、語学もスポーツもできるとなれば何を言っても説得されてしまう。
 とにかく日本人の感情として、切なさ、侘しさ、他人を思いやる気持ちなどが大事と言うことでした。おそらくそれは敗戦の体験からそういう感情が生まれるんだと思います。私個人を鑑みても、何かに失敗したり、負けたり、挫折したり、そういう経験をしてこそ弱いヒトの気持ちが分かるようになったと思います。なんでもうまくいっているとヒトの気持ちなんか分からないと思いますね。
 それと、古文、漢文が大事と言われましたが、正直言って高校生の時はあまり好きにはなれなかったなあ。いま、いい形で再会できたら、あらゆる文学も古文も漢文も楽しめるかも。あのころよりはいろいろと経験をしたから。
 何度かホームステイや旅行、学会で海外に行って思うのは、英語ができても話ができないということ。話すネタがないんですよね。考えてみたら日本語でも話すネタがない。だから、日本語で普段から日本の文化や歴史、時事的なこと、いろんなことに興味を持って話していないと、急に海外に行っても英語でそれができるはずがない。
 やはり、自分、家族、知人・友人、地域、国に対する愛をもつことが大切で、その結果として知識が増え、考え構築され、文化的な会話ができるという流れが大事かな。

国家の品格
国家の品格
藤原 正彦 (2005/11)
新潮社

この商品の詳細を見る

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術
読書・思想    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.14 Sun
「自分を動かせ」 渡部昇一編著、サミュエル・スマイルズ原著
この手の本は多いですが、本屋さんでたくさんの本の中からコレなら最後まで読めそうと選んだものです。

立身出世の意欲が大切だと説いた本。「志」をもつことが大切です。出世欲、野心、野望。。。駆り立てていきましょう。「天は自らを助くるものを助く」です。Self help即ち「自助」です。

自分を動かせ
自分を動かせ
サミュエル・スマイルズ (2006/02)
海竜社

この商品の詳細を見る

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術
読書・思想    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.14 Sun
「バカの壁」「超バカの壁」「死の壁」 養老孟司著
名著です。軽い気持ちで読めます。頭が軽くなり、いらぬことで悩まぬようになります。物事をいろんな角度から見て考察できるようになります。バカの壁、死の壁も面白い。バカの壁は特にお勧め。

バカの壁
バカの壁
養老 孟司 (2003/04/10)
新潮社

この商品の詳細を見る


超バカの壁
超バカの壁
養老 孟司 (2006/01/14)
新潮社

この商品の詳細を見る


死の壁
死の壁
養老 孟司 (2004/04/16)
新潮社

この商品の詳細を見る


テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術
読書・思想    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。